完璧な印刷とデジタルコミュニケーションの基盤となるソフトウェア

Harlequin ColorPro

受賞歴のあるGlobal Graphics Softwareのスクリーニングエンジンは、コントーンイメージデータを、品質を犠牲にすることなく、印刷可能なハーフトーンスクリーンデータにリアルタイムで変換します。 ScreenPro Coreは、OEMがデジタル印刷機のパフォーマンスを最大化し、市場投入までの時間を短縮できるように設計されています。 ScreenPro Coreは、世界最速のRIPから独立したスクリーニングエンジンです。

データシートをダウンロードする

お客様の要件をぜひお聞かせください

詳細を読む

データシート

ホワイトペーパー

機能と利点

  • 超高速
    • 世界最速のRIPから独立したスクリーニングエンジン - 専用の超高速タイルベーススクリーニングコア
    • リアルタイム印刷用の驚異的な速度を保証する性能 – バリアブルデータ、ショートラン、ジャストインタイムのプロダクション
  • 大規模スケーラブル
    • 最新のマルチコアプロセッサと大規模並列処理のための効率的な最先端設計
    • Intel i9、Xeon、およびAMD Ryzen Threadripper CPU用に最適化
    • 処理リソースの効率的な使用を最大化し、処理ハードウェアのBoMコストを削減
  • 迅速な市場投入
    • 開発期間を短縮し、より早く市場に投入
    • Global Graphics Softwareの焦点を絞ったスクリーニングエンジン開発と壮大なR&D投資を活用
    • BreakThrough™サービスでGlobal Graphics Softwareのエキスパート、サイエンティスト、エンジニアチームに直接アクセス
  • オープンシステム
    • 既存のワークフローと完全な互換性 – 独自のOEMソフトウェアにシームレスに統合するためのSDKとして提供
    • Esko、Caldera、ColorGate、EFI、Sofha、またはGlobal Graphics SoftwareのHarlequinRIP®などのRIPを補完
    • ScreenPro Coreを既存のワークフローに見えない形で組み込み、パフォーマンスを向上
  • 柔軟性
    • すべてのタイプのプリントヘッドとドライブボードを持つシングルパスおよびマルチパスの印刷機をサポート
    • クロスプラットフォーム対応、Windows DLLおよびLinux(UbuntuおよびCentOS)シェアードオブジェクトバージョン
  • 貴社印刷機用に調整
    • さまざまなアプリケーションと印刷機の構成に対応できるパフォーマンスが最適化されたスクリーンの標準セット
    • PrintFlat™テクノロジーとPrintFlat Custom Advanced Inkjet Screen サービス(LINK)を使用して、オーダーメイドのソリューションで貴社印刷機の品質を次のレベルに引き上げる
    • 実質的に任意の数のドロップレベル用のマルチレベルスクリーンを作成し、使用するレベルを選択
    • 独自のリニアライゼーションを作成し微調整
    • 貴社の既存スクリーンタイルをインポート - ScreenPro速度のすべての利点を、既存のスクリーンのルックアンドフィールで利用
  • 貴社スクリーニングを標準化
    • RIP選択に依存しない一貫した印刷結果
    • サポートとアップグレードがよりシンプルにそして簡単に
  • 将来に対する準備
    • 気に入っている既存のスクリーンと同じスクリーンを使用して、より高いパフォーマンスと新機能への既製のアップグレードパス
    • バリアブルデータ処理(VDP)やPrintFlatによる均一性の最適化などの機能を、印刷出力の「ルックアンドフィール」を変えずに追加
    • 定期的な製品のアップデートと新機能および拡張機能の将来のロードマップ - 貴社機能要求をロードマップに追加

ScreenProとは何?

デジタル印刷機の駆動に必要なソフトウェアの中核に、ハーフトーンスクリーニングエンジンがあります。 ScreenPro は、連続階調画像データを特定ドロップレベルに変換します。 これはRIPを補完するものであり、RIPを置き換えるものではありません。 多くのRIPはスクリーン付きのデータを出力できますが、これはRIPの中心的な仕事ではなく、使用されているテクノロジーとアルゴリズムは多くの場合、20年以上も前のものです。 ScreenProはRIPと印刷機の間に位置し、RIPの出力する連続階調画像(8または16ビットグレースケール分版TIFFファイル)を受け取り、印刷機でサポートされているドロップレベルでスクリーニングします(スクリーン付きのグレースケール分版TIFFファイル)。

ScreenPro Coreを使用すると、実質的に任意の数のドロップレベルのマルチレベルスクリーンを構成でき、使用するレベルを柔軟に選択できます。独自のリニアライゼーションを作成もしくは微調整し、ドロップサイズ間のスムーズな遷移によりカラープロファイルの忠実度を向上させることができます。

ScreenPro™スクリーニングの「アート」- 256レベルの画像を受け取り、それを画像品質を維持しながらプリントヘッドが印刷できる幾つかのレベルに高速に変換します。

input-image-with-256-levels.png
個々のピクセル毎に256レベルが利用できる標準的な入力画像 - ヒストグラムは、利用可能な256レベルにわたるピクセルの分布状況を示しています。
screenpro-output-image-with-5-printable-levels.png
個々のピクセル毎に利用できる5つの印刷可能レベル(4液滴サイズ)を持つ標準的なScreenPro出力画像 - ヒストグラムは、利用可能な5レベルにおけるピクセルの分布状況を示しています。​​​​​​​

速度の必要性 – 何故高速なハーフトーンスクリーニングが重要か?

スクリーニングは、プロセッサを集中的に使用し、システムリソースを独占する可能性があるので、高速なリアルタイム(バリアブルデータ)印刷のボトルネックになる可能性があります。 ほとんどの標準的なRIP内スクリーニングのアルゴリズムは古く、非効率的であり、最新のプロセッサ用に最適化されていません。対照的にScreenProスクリーニングは、最新の独自アルゴリズムを使用してゼロから開発され、Intel i9、Xeon、AMD Ryzen ThreadripperなどのCPU向けにパフォーマンスが最適化されています。 ScreenProは、最新の印刷高速化に対応するために必要となる保証された速度を確保するために不可欠な予測可能で確定的なスクリーニングを提供します。次世代のデジタル印刷機では、プリントヘッドの解像度、ビット深度、印刷幅、ライン速度、およびバリアブルデータの増加すべてで要求されるデータレートが指数関数的に増加することを示しているため、ScreenPro Coreなどの高効率なスクリーニングエンジンの使用が重要になります。 ScreenPro Coreを使用すると、ハードウェア処理のBoMコストを最小限に抑えることができ、ハードウェアへの投資効果を最大化できます。

迅速な市場投入

ScreenPro Coreは速度 - スクリーニングの速度だけでなく、製品を市場に投入する速度が重要です。 ScreenPro Coreを使用すると、処理速度が最適化され、直ちに利用できるコンポーネントがワークフローに提供でき、製品の競争力が向上し、製品をより迅速に市場に投入できます。 ScreenPro Coreは、数え切れないエンジニアリング作業と多大なR&D投資の結果であり、当社ではすべての印刷プロセスの中でこの一つの重要な領域に焦点を当てています。 ScreenPro Coreを使用すると、開発リスクが低減し、この埋め込まれたノウハウのすべてをわずかな時間とコストで利用できるようになります。 また、追加の開発支援が必要となる場合は、無料のBreakThrough™(LINK)サービスの活用をご検討ください。 Global Graphics Softwareの技術エキスパートをエンジニアリングチームに追加すれば、より早く出荷できるようになり、市場への出荷を遅らせているあらゆる障壁を打ち破るのに役立ちます。 出荷後のライセンス費用から100%回収できる一日単位のサービスを購入し、この優れたサービスを実質的に無償で利用できます。 Global Graphicsは、ScreenPro Core技術革新への投資を続けているため、貴社ワークフローの将来性を保証します。 お客様主導のGlobal Graphics開発ロードマップは、貴社が必要としている改善と新機能に優先順位を付ける機会を提供します。

オープンシステム

ScreenPro Coreは既存ワークフローと完全に互換性があり、Esko、Caldera、 ColorGate、EFI、Sofha、またはGlobal GraphicsのHarlequin RIP®︎などのRIPを補完します。

ScreenPro Coreは、貴社OEMソフトウェアにシームレスに統合するためのSDKとして提供され、目に見えない組み込みパフォーマンスの向上を提供し、Windows DLLおよびLinux(UbuntuおよびCentOS)のシェアードオブジェクトバージョンとして利用できます。ScreenPro Coreは、Global Graphicsのワークフローソフトウエア(LINK)の完成されたスイートの一つのコンポーネントです。 Global Graphicsのソフトウェアスイートは完全なオープンシステムであり、既存ワークフローソリューションの価値を最大化するコンポーネントを選択することができ、要件の増加に応じて、将来コンポーネントを追加することができます。 さらに、ScreenPro Coreは、印刷製品の品質やルックアンドフィールを変更することなく、完全なイメージパイプラインへの統合と、さらに高いパフォーマンスを提供するDirectTM(LINK)製品群への簡単なアップグレードパスを提供します。 ScreenPro Coreを使用すると、スクリーニングを管理下に置くことができ、RIPの選択によらず印刷機が一貫した印刷出力を確実に提供できるため、サポートコールが減り、アップグレードがより単純かつ簡単になります。

PrintFlat™ - 印刷品質を次のレベルに引き上げる

最後に、製品を真に差別化するために、PrintFlat印刷品質最適化テクノロジーを追加します。 PrintFlatは、バンディングやストリーキングなどのデジタルインクジェットの画像品質の問題を修正して、卓越した画像品質を提供する、受賞歴のあるテクノロジーです。 PrintFlatテクノロジーは、スクリーニング処理中に適用され、速度を犠牲にすることなく出力品質を向上させます。 PrintFlatテクノロジーの詳細については、こちらをご覧ください。

ScreenPro Coreは、広範なアプリケーションと印刷機構成をそのままサポートする、パフォーマンスが最適化された標準的なAdvanced Inkjet Screens™(LINK)とともに提供されます。 また、印刷機とアプリケーションの正確な要件に合わせてオーダーメイドのスクリーンを設計できるPrintFlat Custom AISサービスを利用することもできます。

Kangaroo-banding_without_PrintFlat.jpg
PrintFlat適用前
Kangaroo_with_PrintFlat.jpg
PrintFlat適用後

詳細を読む

データシート

ホワイトペーパー