完璧な印刷とデジタルコミュニケーションの基盤となるソフトウェア

logo-printflat.svg

出力品質を最大化したいですか? 「印刷が難しい」印刷ジョブを印刷可能にしたいですか? より高速な印刷モードでより高い品質を実現し、生産性を向上させたいですか? もしそうであれば、直ちにGlobal Graphics Softwareの受賞歴のあるPrintFlat™テクノロジーをワークフローに追加して、卓越した画質を実現してください。 PrintFlatテクノロジーは、ScreenPro™Core、ScreenPro Direct™、Harlequin Direct™製品で利用できます。

機能と利点

  • 今すぐ売り上げを伸ばす
    • デジタル印刷機で印刷できるジョブの範囲を拡大
    • 顧客の利用率を高め、無駄を減らす
    • 迅速かつ費用対効果の高いソリューションであるPrintFlatテクノロジーにより、開発期間を短縮し、迅速に市場に投入
    • 印刷品質で製品を差別化 – マーケットリーダーになり、品質基準を設定
  • 生産性を今すぐ高める
    • より高速な印刷モードでより高い品質を実現 - PrintFlatで2パスモードを使用して、マルチパス印刷の4パス品質を実現
    • エンドユーザーが必要なだけ実施できるシンプルな印刷とスキャンキャリブレーションプロセスで、稼働時間を増やし、サービスコールを削減
    • 付加価値が高く、より迅速で効果的なサービスとサポート
  • 今すぐコストを削減
    • ハードウェアではなくソフトウェアによって印刷品質を確立して維持
    • 重複したプリントヘッド(シングルパス印刷機)またはインターレーシングとマイクロウィービング(マルチパス印刷機)の必要性を低減
    • プリントヘッドの寿命を延ばし、保証クレームを低減 – パフォーマンスに影響を与えることなく、プリントヘッドライフタイムにおける変化を補償
  • オープンシステム
    • 統合が容易で、RIPおよびハードウェアに依存しない - ワークフロー、RIP、ドライブボード、またはプリントヘッドを補完
    • 柔軟で独立したソリューション – 単一メーカーの製品に縛られない
    • ブランディングとカスタマイズを適用
  • 最高の画質
    • インクジェットの解像度と液滴サイズ毎に特別にデザインされ、最新の拡張されたスクリーニングアルゴリズムを採用
    • 誤差拡散、構造化、そしてキャッシュされたスクリーニングソリューションに内在するレンダリングアーティファクトと欠陥がない
    • テクスチャとディテールに優れた再現性により、クリーンで自然な画像を生成
  • スムーズで一貫した均一性
    • プリントヘッドアレイ全体で正確なトーンを再現し、バンディングを排除してフラットで均一な色合いを実現
    • ScreenPro™ハーフトーン定義に組み込まれた濃度補正により、均一な濃度になるように個々のノズルを自動的に微調整
    • 目に見えるプリントヘッドの境界、ノズル間のばらつき、プリントヘッドのエンドエフェクト、ステッチラインなどの欠陥を根絶
  • 正確な色とトーンの再現
    • 均一なクロスウェブ濃度で作成されたカラープロファイルから、ウェブ全体にわたり正確で、一貫し、そして安定した色を生成
    • 16ビットのリニアライゼーションに基づくマルチレベル印刷により、リニアリティの向上とグラデーションの滑らかさを実現
  • シンプルさと信頼性
    • エンジニアに頼らず、ダウンタイムを最小限に抑える - 単純な(通常約1時間要する)オフプレス、オペレーターレベルのキャリブレーションプロセス
    • 二次的な悪影響がない - 他のアプローチとは異なり、PrintFlatは吐出の安定性、ドロップ速度、保証規則への遵守、またはプリントヘッドの寿命に対し悪影響を与えない
    • サービスおよびサポートエンジニア用のより高い柔軟性と追加ツール
  • 印刷機に合わせ調整
    • 構成やアプリケーションに最適になるようにスクリーンパラメータを調整することにより、デジタル印刷機の印刷品質を最大化
    • 独自のリニアライゼーションを作成し微調整
    • 独自のPrintFlat Custom Advanced Inkjet ScreensTM(AIS)サービスを使用して、お客様が希望するルックアンドフィールを正確に実現
    • 既存のスクリーンタイルをインポート - ScreenProとPrintFlatのすべての利点を既存スクリーンのルックアンドフィールで

品質 – 何故スクリーニングが重要?

スクリーニングは、バイナリ(単一の液滴サイズ)もしくはマルチレベル(複数の液滴サイズ)の両方で出力画像品質を決定します。 粗悪なスクリーニングは、古い一般的なスクリーニングアルゴリズムで馴染みのある画像アーティファクトをもたらし、印刷の欠陥を強調したり、モットリング、チェイニング、ストリーキングといった問題を引き起こします。優れたスクリーニングは、アーティファクトを排除し、印刷の欠陥を隠し、質感とディテールで優れた再現性を提供し、クリーンで自然な外観の画像を生成します。

標準的な誤差拡散 Global Graphics Softwareの非構造化スクリーン
Standard_error_diffusion1.JPG GGS_unstructured_screen1.JPG

スクリーニングによるモットリングは、標準の誤差拡散スクリーンでははっきりと見えますが、Global Graphics Softwareの非構造化スクリーンでは見えません。

Standard_error_diffusion2.JPG GGS_unstructured_screen2.JPG

エッジアーティファクトは、標準の誤差拡散スクリーンでははっきりと見えますが、Global Graphics Softwareの非構造化スクリーンでは見えません。

スクリーニングは、隣接する液滴でインク色合いを制御します。 現在多く使用されているスクリーニングは、今日のデジタルインクジェット印刷機用に特別に開発されたものではなく、通常、これらスクリーンは出力デバイスの特性を理解せずに、スクリーンで指定された方法でインクを配置するだけです。 一方高度なインクジェットスクリーン(AIS)とPrintFlatテクノロジーは、「インテリジェント」なスクリーニングを提供します。スクリーンによるインクの分布は、使用する特定印刷機のデザインとパフォーマンスに直接影響され、非常に高品質で最適化された出力を提供します。 以下のAISスクリーンの詳細をご覧ください

均一性 – 何故インクジェット印刷が難しいか?

インクジェットプリントヘッドは、個々のプリントヘッド(インクジェットの「スマイル」と呼ばれている)内部で、または特定プリントヘッドからの出力が別のプリントヘッドの出力に接するところで、さまざまな濃度の問題が発生します。 プリントヘッドからの出力は、プリントヘッドの摩耗や経年変化に伴い、時間とともに変化する可能性があります。 さらに、シングルパス印刷機のプリントヘッド間、もしくはマルチパス印刷機のオーバーラップパス間のステッチ箇所の重なり領域でも、濃度のばらつきを引き起こす可能性があります。 このような濃度のバラツキは、「バンディング」や「ストライプ」として印刷出力に現れるようになり、印刷プロバイダーが特定のイメージ表現(フラットな領域やグラデーションなど)を含むジョブをデジタルで印刷できなくなります。もしくは大幅な値引きをして印刷された品質の悪い商品を販売せざるを得なくなります。

印刷機の設計段階で、印刷プロセスとしてインターレースを採用すれば、バンディングを減らして均一性を高めるのに効果的ですが、印刷機の速度やコストに大きな影響を与えます。 このアプローチでは、インターレースの避けられない宿命としてプリントヘッドの数が2倍になる(即ちコストが2倍になる)ため、特にシングルパスシステムでは望ましくありません。 現在、ほとんどのOEMは、駆動電圧の調整などのハードウェアソリューションで均一性問題に対処しようとしていますが、これによる改善は限定的であり、実装に時間がかかり、複雑で、コストがかさみます。 ほとんどのプリントヘッドは、多くのノズルのバンクを一括して、もしくはプリントヘッド全体に対してでさえ、限られた電圧調整機能しか持っておらず、個々のノズルの駆動電圧を調整することはできません – このような調整は、バンディングを本当になくすために必要となる繊細さを持っていません。 さらに出力濃度(液滴量)のバランスをとるために駆動電圧を調整することは、吐出速度、吐出の信頼性(吐出の安定性)、さらにはプリントヘッドの寿命に悪影響を及ぼす可能性があるため、望ましくありません。 印刷機の性能は時間の経過とともに変化し、プリントヘッドを交換すると、サービス&サポートエンジニアは、これらの複雑な調整を現場で再度行い、せいぜい妥協できる品質を達成するために、かなりの時間を費やす必要があります。

それに代わりPrintFlatテクノロジーが理想的なソリューションを提供します。 スクリーンハーフトーン定義に濃度補正が組み込まれ、スクリーニングプロセス中の簡単な「フィンガープリント」キャリブレーションにより滑らかで均一な色合いと正確なトーン再現を提供します。 これは、PrintFlatキャリブレーションがスクリーニングプロセス実行中に適用され、速度を犠牲にすることなく出力品質を向上させることができることを意味します。 PrintFlatアプローチは、すべてのノズルに対応でき、他の印刷パラメーターに悪影響を及ぼさず、駆動電圧における微調整と異なり印刷の安定性と信頼性を最大化する駆動電圧を使用できます。 PrintFlatは、サービスエンジニア訪問における付加価値を高め、短時間でより高い品質向上の効果を生み出します。 または単純なオペレーターレベルのPrintFlatキャリブレーションプロセスを顧客の手に委ねれば、出力品質を最大化する解決力を顧客に提供することも可能です。詳しくは、下記のPrintFlatソフトウェアをお読みください。

Kangaroo-banding_without_PrintFlat.jpg
PrintFlat適用前
Kangaroo_with_PrintFlat.jpg
PrintFlat適用後

PrintFlat Create - キャリブレーション生成ツール

デジタルインクジェット印刷機の印刷品質とカラー能力を最大化します。PrintFlat Createはシンプルなスタンドアロンアプリケーションであり、ユーザーにキャリブレーション手順をガイドし、印刷機固有の「フィンガープリント」キャリブレーションになります。 汎用性の高いPrintFlatテクノロジーは、シングルパスおよびマルチパスインクジェット印刷機で、グレースケールおよびバイナリプリントヘッドをサポートします。 Windowsアプリとして利用でき、独自のインストーラーとライセンスツールが付いており、ScreenProや他のGlobal Graphicsソフトウェア製品で使用するためのキャリブレーションもしくはリニアライゼーションファイルを生成できます。 カスタマイズ可能なPrintFlat Createは、ブランディング、ロゴ、スタイリングのカスタマイズが可能なホワイトレーベルアプリケーションとして利用できます。
PFC1.PNG PFC2.PNG PFC3.PNG

PrintFlat Advanced Inkjet ScreensTM  - 品質が最適化されたスクリーンセット

Global Graphics Softwareは、業界をリードするHarlequin Dispersed Screens™(HDS)を起源とし、デジタルインクジェット用に設計された次世代のスクリーニングテクノロジーであるPrintFlat Advanced Inkjet Screens™(AIS)に進化させました。 AISスクリーンは、伝統的なスクリーンでよく見られるすべての欠陥を回避します - タイリングの繰り返しパターン、モアレ、ワーミング/ドットクラスタリング、モットリング、過度のノイズ、色の収束などです。デジタルインクジェット印刷におけるアーティファクトの軽減に焦点を当てたAISスクリーンは、印刷機で達成できる品質のショーケースです。 標準AISスクリーンには以下スクリーンが含まれます。

 Mirror - モットリングまたは「オレンジの皮効果」(乾燥または硬化の収縮によって引き起こされる無地の色に見られる現象)に対処することを目的とした微細構造で設計されており、通常、缶や一部の軟包装用プラスチックなど、吸収性の低いまたは低湿潤性の媒体で使われます。

Pearl - アーティファクトの方向性を乱すことにより、いくぶん吸収性のある媒体上のチェイニングとストリーキングアーティファクトに対処することを目的とした高度な分散(FM) スクリーン。

Opal(新) - MirrorスクリーンとPearlスクリーンの両方の側面を組み合わせたものです。中間調クラスタースクリーン、一部のプリントヘッドタイプでより滑らかな印刷を実現し、ざらつきを低減します。

PrintFlat AISスクリーンは、幅広い印刷機とプリントヘッドに適用でき、特定のアプリケーション要件に合わせて構成できます。これらは、貴社印刷機固有のカスタムスクリーン開発時のベースとしても使用できます。

貴社と協業します。

全ての顧客はユニーク

 私たちは、すべてのプレス、すべてのアプリケーション、すべての動作環境が異なることを知っています。 プレスを市場に投入するための支援が必要となる場合、またはその市場への投入を妨げる技術的な課題がある場合は、弊社エキスパートがその障害を解決するお手伝いをします。 「テクニカルサービスチームについて」をお読みください。 弊社エンジニアがお客様と協力し、お客様のニーズに最適なソリューションを見つけます。